のんべえ函館のブログ

函館を拠点として、行ったお店等の日記みたいな

カテゴリ: ラーメン

〒041-0813 北海道函館市亀田本町29−24

CA3I0580

つけ麺の気分だったので、何件か考えていたけど、しばらく食べていない物にしようと
CA3I0567

「あつもり」は「集まれ動物の森」と思う人もいるかも知れませんが、麺が温かい物です(笑)
CA3I0568

ラーメン、つけ麺、僕...
つけ麺(特盛)にしました。
CA3I0574

太麺で、普通の人には多く見えると思いますが、大食いにはそう見えない所が変かと。
CA3I0573

狼煙そばのスープを、更に濃厚としたドロッと系。
CA3I0575

揚げゴボウ
CA3I0576

ロングなメンマと、他店には見られないビジュアル。
CA3I0577

味が濃いので、麺を全部スープに付けないで食べるのが丁度良いかも。
CA3I0578

頼まなかったけど、割スープで自分好みの濃さに調整すると、更に美味しく頂けると思います。


〒049-2326 北海道茅部郡森町御幸町18−10

20210328_130016

臨時休業の文字が目に入り、驚きましたが4月3日の事でした。
CA3I0471

昼は土・日・祝日の営業。
CA3I0472

駐車場は向かい側に有り、丁度1台分空いていました。
入店したら、やっぱり満席で、用紙に人数・名前・電話番号を記入し、駐車場で待つこと10分、電話が鳴りました。
CA3I0474

ランチメニュー
20210328_122506

一品料理メニュー
20210328_122528

花椒も置かれていました。
CA3I0475

あんかけ焼きそば
20210328_123327

スープ付きで、甘めの餡。
龍美と似たような味かな?
20210328_123331

蒸し鶏塩ラーメン
20210328_123148

スープの下には鶏がたくさん
CA3I0489

そのスープも、口にした途端、鶏鶏鶏とインパクトは有りますが優しい味。
20210328_123404

ストレートな細麺は、スルスルと飲み込まれて行きました。
20210328_123444

ライスはこのようにしてCA3I0490

またやってしまいました(笑)
CA3I0491

CA3I0492

〒041-0821 北海道函館市港町1丁目13-12

CA3I0394

以前は夕飯でも利用する事が有ったけど、現在ではラストオーダーが15時に。

CA3I0380

ダテパーのクーポンばかりの利用でしたが、今では無くなってしまって、行く機会も無かったり。
ラインクーポンはそのまま。
CA3I0381

食券を購入して、大盛&にんにく有りと伝えて待ちます。
CA3I0382

食券販売機の隣に座ったので、眺めていたらカツは注文を受けてからパン粉付けて揚げているよう。
CA3I0383

台湾まぜそば大盛り・にんにく有り
大盛りにしても値段が変わらないのは嬉しい~
CA3I0386

生にんにくの臭いが気にならない時に食べるのがお勧め(笑)
CA3I0387

チョイとスープ確認。
CA3I0389

今回は、上の具だけ混ぜて食べてみました。
CA3I0390

ガツンと顔が熱くなる、パンチの効いた味。
CA3I0391

追い飯で、2度美味しい~
CA3I0392

また、スープまで全部平らげました(笑)
CA3I0393

場所が場所なので、18歳未満の人は入店出来ない所がね...
CA3I0395

北海道函館市万代町7-14 

CA3I0310

CA3I0327

またこの時期が
CA3I0311

期間限定の中のメニューの中でも1番の品かと
CA3I0313



CA3I0315

焼き餃子のテイクアウトもいいかも
CA3I0316

カウンター席はディスタンス

CA3I0318

プレミアム醤油とんこつラーメン(コロチャ増し)
CA3I0321

背脂💛
CA3I0322

玉ねぎは写真より少な目(笑)

CA3I0323

レギュラーメニューに加えて欲しいです。

CA3I0325

CA3I0326

ゴミ箱から、ためらいも無くサービス券を拾う卑しさwww

CA3I0317

何で捨てるかね???



 〒040-0001 北海道函館市五稜郭町32−2

CA3I0263

先週は夜の営業していなくて心配でしたが、今日から戻られたようで。
CA3I0264

この安さは凄い。
CA3I0265

濃い目の味のチャーシューが美味しい
CA3I0266

醤油好きですが、塩ラーメンの美味しい店は醤油も美味しいかと
CA3I0267

80歳になったご主人。無理せず頑張って欲しいなと。
CA3I0269

ご馳走様でした。
CA3I0270

↑このページのトップヘ