のんべえ函館のブログ

函館を拠点として、行ったお店等の日記みたいな

2020年06月


〒049-0111 北海道北斗市七重浜2丁目37

CA3I0479

柔らかくて、食べ応えのあるチャーシューのラーメン店のリクエストが来たので🚙

CA3I0478

何年ぶりかわからないほど来ていませんでした。

CA3I0475

なんちゃらディスタンスもしっかりと。

CA3I0451
CA3I0452
CA3I0453
CA3I0454
CA3I0455
CA3I0457
CA3I0458

メニューの量の凄い事。

CA3I0456

お連れさん、いきなりビールと餃子だし(笑)

CA3I0460

ニンニクの効いた餃子でした。

CA3I0462

櫓そば全部載せ🍜

CA3I0463

見た目だけで満足の様子。

CA3I0465

男盛り🍜

CA3I0468

頂上にはニンニクたっぷり♥

CA3I0471

どちらとも魚粉もたっぷり

CA3I0470

CA3I0469

おじや用のライス付き

CA3I0476

で、ビールをお代わりしいるし(笑)

CA3I0474

そう言えば、以前テーブルに小さなツボに、辛いニラが置かれていましたが姿は無く、時の流れかとあきらめていたら....

近くに座っていた人が「ニラ下さい」とオーダー。
メニュー見たけど該当した品は無く、運ばれてきたのは小皿に入った、あの辛いニラ。

真似してこちらにもお願いしますとと。

CA3I0473

裏メニューになったのでしょうか?

そのまま食べると激辛です。
ラーメンに入れて味の変化を楽しむのもいいと思います。



〒040-0054 北海道函館市元町33−14

CA3I0578

バラが見頃と聞いたので

CA3I0580
CA3I0579

パクッと食べたくなるのは、変でしょうか?(笑)

CA3I0581

いっぱい咲いています。

CA3I0584

庭の見学は無料です。

CA3I0585

駐車場はお隣ので、1時間200円。

CA3I0587
CA3I0588

庭を眺めながら、紅茶を楽しむのもいいかと。


私はしませんが(笑)

CA3I0589





〒041-0806 北海道函館市美原1丁目16−5

CA3I0523

CA3I0524

色々と大きかったり、たくさん載っていたり

CA3I0525
CA3I0526
CA3I0527
CA3I0528
CA3I0529

CA3I0531
CA3I0533

カニかま天の大きさは凄かった。

CA3I0541
CA3I0539

CA3I0535
CA3I0536


CA3I0543
CA3I0538




〒049-0111 北海道北斗市七重浜4丁目44−356

CA3I0447


いつものように、スタッフが幟を振っていました。

CA3I0446

振った所で売り上げに影響するか疑問ですが、上総部がそうしろと
指示するから仕方ありませんね。


CA3I0418

サラダーバーにもビニールが...

CA3I0419

見えずらいけど、何とかなります。

CA3I0421
CA3I0422
CA3I0442

ヤングコーンが無くて残念。

CA3I0420
CA3I0425

900円メニューが土日でも昼でも有るといいのに。

CA3I0429
CA3I0430

いつもの

CA3I0426
CA3I0427

カレーに載せました。

CA3I0435

CA3I0437

寂しくなったので

CA3I0438

豆腐を載せてみました(笑)

CA3I04410003

テリヤキソースの甘さが、よくわかります。

CA3I0443
CA3I0424
CA3I0445

CA3I0428
CA3I0431




〒040-0065 北海道函館市豊川町12−12

また、広告を見たので

CA3I0590

金魚すくい等の縁日コーナーが設けられていました。

CA3I0593

広告の品で、たこ足がグラム98円。

CA3I0595

鰻は中国産大2尾で980円と嬉しい価格。

CA3I0596

お酒もずっとお得が続いています。

CA3I0597

席代もお通し代も取られず、新鮮な魚介類を楽しめるのはいいかと。

CA3I0591

北寄貝は3個で680円。
鮮度は当たり前で、とても甘味の有る物でした。

↑このページのトップヘ