のんべえ函館のブログ

函館を拠点として、行ったお店等の日記みたいな

2018年06月



久しぶりに

イメージ 1

まずは玄関入って、受付に食堂の利用ですと伝え、住所氏名を記入し受付表とバッチを預かります。

イメージ 2

食堂は市役所よりも老朽化した地下に有ります。

イメージ 3

イメージ 4

どれもこれも安いのです

イメージ 5

珍しい味噌味のあんかけ焼きそば660円

イメージ 6

塩味のあんかけ焼きそばは610円

イメージ 7

スープは玉子スープだけど、1玉入りだし

イメージ 8

コーヒーも自由に

焼きそばと書いてあるけど、焼いてないじゃんの突っ込みはここでは無し

イメージ 9

金曜日はカレーがお得です。

イメージ 10






来月からシニア料金が変わります。

イメージ 1

今年70歳になる母は喜んでいました

イメージ 2

ディナーはランチより、ずっと料金は上がりますが、その分置かれている物が良くなります。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

誕生日とその前後の日は、半額となるので免許証等を持参してください。

イメージ 7

で、私も半額となりました

イメージ 8




七飯町の老舗ですが初来店。

イメージ 1

気になってはいたけど、初めての人には入りにくいような雰囲気。
でも、他のブロガーさんの記事見て安心したから。

イメージ 2

とんかつ専門店と書かれているけど、洋食も色々と

イメージ 3

平日のランチと金曜日(祝祭日は除く)は、お得なメニューも

イメージ 4

テーブルには、ソースとえび塩が置かれていました。

で、調理場からは年配の店主さんが、肉を叩いている音が聞こえてきました。

イメージ 5

ロースとんかつ定食
平日ランチなので700円

イメージ 6

写真はボケているけど、味はしっかりと

イメージ 7

こちらが、タコのフライ(こぶた風)定食。

イメージ 8

ほんのり甘めのソースに小豆。

イメージ 9

イメージ 10

で、クリームコロッケ

イメージ 11

メニューには書かれていないけど、可愛いコーヒーも出てきました

ステーキ、ビーフシチューと食べたい物いっぱいだし安いし
また何度も通うでしょう。










イメージ 1

毎週、用事も無く七飯まで車を走らせていますが、そのまま帰るのも勿体ないのでナビで温泉検索
で、こちらへ

イメージ 2

初っ端の靴箱からアタフタ
内部に100円を入れる仕組みでした。

イメージ 3

イメージ 4

温泉は立地条件から、階段を下ります。

イメージ 5

成分はこのようになっています。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

平日の昼の男湯は、どこも空いていて寛げます

イメージ 9

イメージ 10

食事と合わせるのもいいかと





オープンの3日間は大盛況だったようです。

イメージ 1

らーめん燦々の居ぬきで、店内はそのままの雰囲気。

イメージ 2

初来店ではノーマルラーメンをオーダーする所ですが、魚介系しょうゆ力Rikiにぼらーめんを

イメージ 3

魚粉が載っている物をイメージしましたが違いました

イメージ 4

煮干し出汁の置いている店は限られているけど、どこの味と似ているのだろうと考えていたら、全部飲んでしまいました。

イメージ 5

やっぱり魚粉がたっぷりでした
お店の名前は、店主さんの名前からのようです。



↑このページのトップヘ