のんべえ函館のブログ

函館を拠点として、行ったお店等の日記みたいな

2018年04月



畑の中にある温泉みたいな

イメージ 1


農作業工場みたいな建物。


イメージ 2


まずはこの入り口から入り、右側の発券機に370円

を投じます。

奥のロッカーに靴を入れ施錠し、靴箱の鍵と入場券

を受付のおじさんに渡します。

お返しに着替えのロッカーの鍵が渡されます

イメージ 3


イメージ 4


何故か遠くに来た雰囲気。


イメージ 5


ロッカーも年季入っているし。

イメージ 6


洗い場はシャワーが2つで、その他は蛇口のみ。


イメージ 7

湯の方を回すと、高温の源泉が出てくる仕組み。

イメージ 8


内湯・外湯は3つの土管型。

イメージ 9


内湯の真ん中は47℃と高温なので、身体を慣らして
から入らないと







ドン味噌らーめん
イメージ 1

もやし・キャベツがたっぷりと、シャキシャキ感
ねぎの上には水菜でしょうか?

イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

学生は学生証を提示すれば、大盛り無料。
隣の学生さん、デビル辛味噌オーダーしていたけど、鼻水垂らしながら苦戦していた






GWも始まり、競輪場はお祭りムード。

イメージ 1

オッズだけ見て車券を購入。

イメージ 2

女性だけどたくましい脚

イメージ 3

競輪用語のラインは無いけど、迫力は有ります。

イメージ 4

イメージ 5

勝利者インタビューの図。
とりあえず1000円使って、1500円帰って来た

イメージ 6

んで、ガチャやってみた。

イメージ 7

結果はメモ帳

イメージ 8

2階には食堂があったけど...

イメージ 9

残念ながら閉店の文字

イメージ 10

で、人から聞いた情報がリンクする
ここにスープカレーの店オープン予定
GLAYのTERUさんとの交友がある人の店だって。





イメージ 1


開店してしばらく経過するけど、ランチパスポート

で初来店

イメージ 2


店を入ると食券機だったので、どこどこ?と探して

いたら店員さんが右下ですよと。


イメージ 3


左側にはメニューの写真


イメージ 4


鶏出汁塩SOBA

イメージ 5


澄んだ色のスープで、あっさり味。

全部飲みたくなったけど、実際は塩分高めだから控

えめに

イメージ 6


この形の器は、今の流行りでしょうか?

上から見た印象より、ボリュームがあります。


イメージ 7


平日の昼は小ライスのサービス

大食いの方だけど、ラーメンと白米は食べられない

損な体質







〒041-0806 北海道函館市美原1丁目16−5

イメージ 1

赤シャリとは何ぞや?

イメージ 2

イメージ 3

写真ボケちゃったけど、この様です。
てっきり、シャリが赤飯みたいになっているのかと思った

イメージ 4

鱈の天ぷらは大きかったです

イメージ 5

活つぶの軍艦は180円なのに、100円の皿に載って回っていたから、しっかりと頂きました

イメージ 6


何じゃこりゃ?商品もオーダーされ回ってたけど、
混ぜそばらしい。




↑このページのトップヘ